訪問介護におけるたん吸引と身体介護の算定について

 

介護職がある一定の条件を満たすと、たん吸引が出来るようになったことについては、皆さんご存知かと思います。

今回は、事業所のサービス提供責任者であれば、当然理解されている事であるとは思いますが、たん吸引について、訪問介護で特に注意したい事についてお伝えしていきたいと思います。

 

たん吸引のみのケアはあり得ない

 

いきなりの結論ですが、「たん吸引のみのケアはあり得ない」です。

もう少し厳密に言えば、タイトルの通り、特に訪問介護の身体介護という事になります。

どういう事か?

利用者宅に訪問して、「バイタルチェックなどの体調確認、吸引、記録」のみで身体1は算定できませんよ、という事です。

何故か?

その根拠は「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」いわゆる老計10号を見れば明らかです。

 

 

老計10号について

 

リンクを見てもらえば、お分かりいただけると思いますが、訪問介護のヘルパーが出来ることは、この老計10号に書かれてあることが全てだと言う事です。

逆に言えば、老計10号にはどこにも「たん吸引」というサービス内容が無い=身体介護として算定不可という事になります。

たん吸引は、あくまで「介護職員がやっても良い」となっただけで、介護保険のサービス内容として認められた訳ではないんですね。

 

認められる吸引

 

例えば「入浴介助・身体2」と言った内容で、風呂上がりに少し痰が絡んできたため、入浴介助後の、あくまでついでで5分程度、吸引を行った。

これ等が挙げられると思います。

この例は、普通に身体2の単位数を請求しても問題ないと思います。

 

何かと制約の多い訪問介護のサービスですが、先ほどの老計10号は特に理解しておくべきものだと思います。

正しく安全なサービス提供をしていただき、健全な請求、運営を行っていただきたいと思います。

 

/////////////////////////  お知らせ  ///////////////////////////////////////////

八戸市でホームヘルパー(訪問介護員)として働きたい方へ、求人についての詳しい説明を行っています。

随時、会社説明会を開催していますので、お気軽にご参加下さい。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Pocket