「移乗〜移動介助」公開研修を開催しました

9月9日(土)、ケーライブ八戸ケアセンター内で「移乗〜移動介助」の公開研修を開催しました。

高齢者介護の現場における移乗・移動

 

介護の現場、特に高齢者の介助においてベッドからの移乗、移動の介助を行う場面は非常に多いです。

しかし同時に、介護職の負のイメージとして一般にも認識されている「腰痛」は、特にこの場面において発生することが多いのも事実です。

そのため「腰痛を防止する。そのために知っておくべき人間の身体の仕組みと動きをしっかりと理解し、日々の介助に実践できるようにする」事を目的としてこの研修を行いました。

ケーライブ八戸ケアセンター内にはベッドや車椅子はありませんので、今回はレンタルを依頼しました。

そのため折角なので、一般にも広くケーライブで行っている研修を知ってもらい、同時に知識・技術を身につけていただきたいとの想いから公開研修という形をとりました。

 

 

画像はベッド上の仰臥位から端座位、車椅子への移乗の介助の場面です。

 

 

一般の方にもご参加いただきました。本当にありがとうございました。

 

 

車椅子への移乗時、片麻痺がある方の場合には足の位置にも注意が必要ですね。

 

 

後日、研修資料についてもHP上にアップしますので、そちらも是非ご覧いただきたいと思います。

また次の機会にも公開という形で一般参加も募りたいと思いますので、本日参加できなかった方も是非、いらして下さい。

Pocket